スポンサーリンク
スポンサーリンク

【進化】密猟でゾウが進化!?現在は98%ものメス象が牙なしで生まれてくる!?

哺乳類

【進化】密猟でゾウが進化!?現在は98%ものメス象が牙なしで生まれてくる!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
スポンサーリンク

【進化】密猟でゾウが進化!?現在は、98%ものメス象が牙なしで生まれている!?

『アフリカゾウ』といえば、大きな体、長い鼻、大きな耳、そして長い牙が特徴の動物園でもおなじみの動物ですよね。

(ちなみに、同じゾウでも、アジアに住む『アジアゾウ』はアフリカゾウに比べて耳が小さいんですよ。)


そのアフリカゾウが、近年、自分の体を進化させているって知っていますか?

でも、その進化は、あまり喜ばしいものではなく、人間による密猟が原因です。


アフリカゾウの牙は、現在でも、とても高価な値段で取引をされています。

例えば、日本でも象牙の印鑑は人気が高く、それをお持ちの方も多いのではないでしょうか?


さらに、弓道に使う矢の後ろの弦に引っ掛ける『矢尻』と呼ばれる部分や、ピアノの鍵盤などにも使われることもあります。

特にピアノの鍵盤に象牙が使われていると、演奏しているときの指の汗を象牙が適度に吸収してくれるため、とても人気があります。


そのため、もう何年も前から密猟の取り締まりを厳しく行っているものの、それを高値で欲しがる人間がいる限り、命の危険を冒してでも密猟して象牙を手に入れようとする密猟者が後を絶たないのです。


そんな中、アフリカゾウが、今、牙を持たずに生まれてくるという新たな進化が起こっています。

ダーウィンの『進化論』にもあるように、動物は生きるため、生き残るために体の形を変えて、日々進化をしています。

アフリカゾウも例外ではありません。


けれどもそれは、自然の中での進化によるものではなく、残念ながら人間による象牙の密猟から逃れるための進化です。

牙を取られるために殺されるなら、最初から牙のない生き物になろうというのです。

過去にも牙なしで生まれる象はいましたが、それは2から6%程度。研究者によれば、ある地域では、現在、98%ものメス象が牙なしで生まれてくるといいます。そして、牙なしのメスから生まれる象も、そのほとんどが牙なし。チャリティ団体Elephant Voicesのトップで、象の進化を30年以上観察するJoyce Poole氏は、タイムズ紙の取材にて、密猟の激しさと牙なしで生まれるメスの象の割合には直接的な関係があると語ります。

現在、密猟の取り締まりにより、最盛期と比べ象に及ぶ危険は減少しています。さて、ここから牙を取り戻すのか、それとも忌まわしい過去の思い出として完全に消え去るのか…。いつか母象が子象に話してきかせるのでしょうかね「むかしむかーし、私たちのご先祖様は牙があったのよ。でも、人間という天敵のせいで牙はなくなったの」と…。

出典 http://news.livedoor.com

【悲劇】巨大な牙で愛されたゾウのサタオが密猟の犠牲に

【閲覧注意】ケニア最大のゾウ「サタオ」が象牙のために顔を剥ぎ取られ惨殺される【密猟】

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

ペット(猫) ブログランキングへ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ