スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホッキョクグマは30㎞も先のアザラシの匂いを嗅ぎつける!?

哺乳類

ホッキョクグマは30㎞も先のアザラシの匂いを嗅ぎつける!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
スポンサーリンク

雪と氷の世界で生きるために身に着けたホッキョクグマの驚異的な嗅覚とは?

ホッキョクグマは、北極圏に生息している動物の中で、最強の肉食動物です。

体も大きく、体長は2~2.5mにもなります。

北極圏の浮氷群の南端沿いに生息しており、水に近い場所なら陸地にも姿を現すことがあります。

ホッキョクグマは、この厳しい北極圏という氷の上で、魚やアザラシなどを獲って食べています。


辺り一面が雪と氷という北極圏では、エサを獲るのは大変です。
色が真っ白なホッキョクギツネや、アザラシの子供などは、真っ白な雪や氷の陰に隠れてしまうと、ほとんど見分けることができません。

色が真っ白なホッキョクギツネ

ホッキョクギツネ

色が真っ白なアザラシの赤ちゃん

色が真っ白なアザラシの赤ちゃん

しかも非常に天候が変わりやすいために、雪が吹雪いたりすると数m先すら見渡すことができなくなります。

そのような条件下では視覚で獲物を探すことは非常に困難なため、ホッキョクグマは嗅覚を発達させて獲物の位置を把握できるように進化したのです。


ホッキョクグマの嗅覚は、風向き、天候、湿度などの条件によって差は出るものの、約30㎞先の獲物の匂いを嗅ぎつけることが可能です。

ホッキョクグマは獲物の匂いを嗅ぎつけると、その方向に向かって行きます。
とはいえ、地面が雪と氷ですから、人間の場合だと30㎞も歩くなんて大変です。

そこで、ホッキョクグマは、足の裏も進化させました。

ホッキョクグマの足の裏

ホッキョクグマの足の裏

ホッキョクグマの足の裏は、皮下脂肪がとても厚く、肉球の周りにはたくさんの毛が生えています。
皮下脂肪が厚いことで冷たさが伝わりにくく、肉球の周りの毛は滑り止めと防寒の役目を果たしてくれます。

この足のおかげで、時速20~30㎞もの速さで走ることができ、また、大きな足は水の中で水かきのような役割も果たし、時速9㎞で泳ぐこともできるのです。

厳しい環境ならではの進化ですね。

ホッキョクグマがアザラシを捕食

【ホッキョクグマの狩り特集】氷の殺し屋ホッキョクグマが危険なセイウチやアザラシや絶壁のウミガラスを捕食する動画集

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ