スポンサーリンク
スポンサーリンク

極寒の地で子育てをするコウテイペンギンたちの集団の知恵とは!?

鳥類

極寒の地で子育てをするコウテイペンギンたちの集団の知恵とは!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
スポンサーリンク

南極といえばこのペンギン『コウテイペンギン(エンペラーペンギン)』!

コウテイペンギンは、ペンギンのなかまの中でも名前のとおり貫禄があって、一番大きなペンギンです。
体高は120㎝くらいで、体重も35㎏前後ほどの、がっしりとした体格をしています。


ペンギンといえば、南極で暮らしているイメージがありますよね?
コウテイペンギンも極寒の南極で生息しています。

でも、ペンギンのなかまには、暖かい南米の海に棲む『フンボルトペンギン』などもいます。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギンは、水族館や動物園などでよく見られるペンギンです。

ペンギン=南極

というイメージが強いので、水族館や動物園では、背景が、まるで南極のような展示になっている場合もありますが、実は暖かいところに生息しているペンギンです。

繁殖をするには、やはり寒いところよりも暖かいところの方がいいような気がしますよね?

実際、南極に生息しているコウテイペンギンはペンギンの中ではもっとも幼鳥の死亡率が高く、なんと85%ものヒナが毎年死んでいます。

そんな厳しい環境の中でも、コウテイペンギンはなんとかその地に適用できるように進化をしてきたペンギンなのです。


ではコウテイペンギンは、この極寒の地で、どうやって生き延びていき、そしてヒナを育てているのでしょうか?

極寒の南極での暮らしに適応してきたコウテイペンギンの知恵

平均気温マイナス20℃の荒涼とした南極の環境条件に耐えれれる決定的な適応策は、成長も、ヒナ鳥も、卵を抱いたオスも、全員が寄り集まって大きな群れ(1平方mに10羽くらいの密度で5000羽くらい)を作り、その活動を最小限に留めることによって、それぞれの熱損失を減らして生きるということです。

このような集団が、ゆっくりと風下に向かって移動していて、風上にいるペンギンは集団の側面に沿って動き、集団の中央部に入り込み、再び後方の風上側の位置にさらされるまでの間、ずっと中央に留まっていられるので、寒風に単独で身をさらし続けることがないのです。

また、コウテイペンギンは自分の足の上に卵を乗せて温めたり、幼いヒナを乗せて自分の腹の袋状の皮膚のヒダでおおって移動する能力を発達させたからこそ、この悪条件でも繁殖させたり生きていけるわけです。

集団で生活するコウテイペンギン

集団で生活するコウテイペンギン

コウテイペンギンのオスは、エサも食べずに卵を2ヶ月以上も抱き続けるので、ヒナが誕生する頃には体重も半減してしまいます。

春になると海からメスが戻ってきて、ここでやっとオスが解放されてメスと入れ替わります。
オスは、この繁殖の場所から50~100㎞も離れた海に向かい、そこでようやく、実に2ヶ月ぶりに魚を口にすることができるのです。
南極も、この頃になると、やっと寒さもやわらぎ、氷も溶け始めます。

コウテイペンギンのお父さんは、こうして命がけで子孫繁栄をしているのです。

Emperor PENGUIN 皇帝ペンギン(南極大陸)4K (UHD)

卵を温める皇帝ペンギン

9/21皇帝ペンギン昭和基地来訪1

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ