スポンサーリンク
スポンサーリンク

イヌはなぜ、人間よりも嗅覚がすぐれているのか?

哺乳類

イヌはなぜ、人間よりも嗅覚がすぐれているのか?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク

世界中のニオイの種類は数百万種類以上も!

でも人間が嗅ぎ分けられるのは、2000種類ほど

人間の住んでいるところは、ありとあらゆるニオイであふれています。
このニオイの種類が何種類あるかの正確なデータはありませんが、いい香りもイヤな臭いも、全て含むと、数百万種類もあるといわれています。

こんなに数多くのニオイの中で、人間が嗅ぎ分けられるのは、せいぜい1000~2000種程度しかないのです。


私たち人間の中にも、コーヒーやワインを選定する人や、香水調合師、水道水の検査技師のような人たちは、常人よりもすぐれた嗅覚をもっています。
このような人たちは、一般の人間と比べてみると、2~3万倍も鼻がきくといわれています。



とはいえ、そんなに凄い人間でさえ、とてもイヌとは比べ物になりません。
人間には想像もつかない世界で鼻にものをいわせて、その優れた能力を発揮しています。

イヌの嗅覚がすぐれていることは、いまさら説明する必要がないほど知られています。
警察犬、麻薬犬、雪山救助犬などは、その特性を十分に活かして、人間のために世界中で活躍しています。

麻薬捜査犬

麻薬捜査犬

検疫捜査犬

検疫捜査犬

雪山救助犬

雪山救助犬

その嗅覚は、人間の100万倍もの鋭さがあるのです。

ですが、なぜそれほどまでに嗅覚が優れているのでしょうか?

人間やイヌなどの動物がニオイを最初に受け付けるのは、鼻の奥にある『嗅上皮(きゅうじょうひ)」とよばれる膜です。

その膜の大きさと、そこにある感覚細胞の数を、人間とイヌとで見比べてみましょう。

人間の成人の嗅上皮は、10円玉程度の大きさです。

それに対し、イヌの場合は、なんと1000円札の大きさほどもある嗅上皮をもっているのです!



動物の中ではイヌの嗅覚が断然トップですが、それに続く動物は、トナカイ、ヘラジカ、イノシシといわれています。

中でもトナカイは、その優れた嗅覚で地表から数十センチの雪の下に生えているコケを嗅ぎ当てて食べています。
イノシシも、地面の下に隠れている昆虫や、植物などを食べています。

鋭い嗅覚を活かしているからこそ、エサにありつけるのですね。

仙台空港祭2012 麻薬探知犬によるデモンストレーション

検疫探知犬が活躍中 成田空港、鳥インフル対策

セントバーナード(救助犬)がきた~!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ