スポンサーリンク
スポンサーリンク

カッコウのヒナの驚くべき本能とは!?

鳥類

カッコウのヒナの驚くべき本能とは!?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
スポンサーリンク

育児放棄?自分の子供は他の鳥に育ててもらう鳥

『カッコウ』は「托卵(たくらん)」をする鳥です。
「托卵」とは自分の卵を他の鳥の巣の中に産んで、他の鳥に自分の子供を育ててもらう事です。
自分の「卵」を他の鳥に「托す」から「托卵」といいます。

多くの鳥は、自分の子供は自分で育てます。

ですが、日本で繁殖する野鳥約300種類のうち、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、ジュウイチの4種類の鳥が托卵をする習性をもっています。

カッコウ

カッコウ

ホトトギス

ホトトギス

ツツドリ

ツツドリ

ジュウイチ

ジュウイチ

托卵は、どのように行われるのでしょうか?

カッコウは、他の夏鳥たちを同じように、五月ごろに南の国から日本列島に渡って来て、木がまばらに生えた林や高原に棲みつきます。

ちょうどこの頃は、いろいろな小鳥たちの繁殖期にあたり、メスカッコウは巣作りしている鳥を高い木の上から見つけます。

いよいよ宿主の産卵がはじまると、カッコウは遠くから見守り、親鳥が巣を離れたわずかなスキを狙って巣に飛び込みます。

孵化が近い卵のある巣に、新しく卵を産み込んだのでは、後から孵化したカッコウのヒナは、先に孵化して大きくなってしまったヒナに押しつぶされてしまいます。
そのため、抱卵のはじまったばかりの巣を目標にしなければなりません。

巣に入り込んだカッコウは、宿主の卵を1つくわえて飲み込むと同時に、自分の卵を1個産みつけます。
その間の時間は、10秒もかからないほどの早ワザです。

こうしてメスカッコウは、目をつけておいた巣に忍び込んでは、卵を1個ずつ産みこんでいきます。
でも、近づこうとして宿主の攻撃を受けたり、警戒した宿主が絶対に巣から離れなかったりして、托卵はいつもうまくいくとは限りません。

一方、卵を産み付けれれてしまった宿主が巣に戻ると、ほとんどの場合、自分の卵と一緒にカッコウの卵を温めはじめます。

宿主の卵は12日ほどで孵化しますが、カッコウはそれよりも少し短い期間で孵化します。
そして孵化後2~3日の間に、カッコウのヒナは精力的な行動に出ます。

それは、巣の中にある宿主の卵を1個ずつ背中に乗せると、巣の壁にそってせり上げ、外に押し出してしまうことです。

カッコウのヒナ

宿主の卵を外に押し出している

カッコウのヒナ

たとえ宿主のヒナが孵化していても同じです。
本能とはいえ、驚くべき習性です。

大きく成長するカッコウは、これで親鳥からもらうべき食べ物を独占することができるというわけです。
カッコウの親も親なら、子もそれ以上といえますね。

ただ、ここで育ての親のホオジロやモズのことで不可解なことがあります。
それは、カッコウのヒナのする押し出し行動を、見ていても止めようともしないし、巣から出された卵やヒナを救出しようともしない事です。
親鳥には、巣の中にいる元気のいい子が一番大切な存在になっているのかも知れません。


カッコウのヒナの成鳥は早く、2週間もすると育ての親よりも大きくなってしまいます。
3週間したら体の入りきれない巣を離れますが、まだ親鳥から昆虫をもらっています。

カッコウのヒナ

この頃、育ての親が自分より数倍大きいヒナの頭や肩にとまって食べ物を与えている姿が見られます。
自分とは似ても似つかない子でも、卵から孵したわけですから途中で育児を中止することはないのです。

育ての親に無事育てられたカッコウのヒナは、夏には若鳥になります。
そして、誰にも教わらないで、本当の親鳥たちが冬を過ごす南の国をめざして日本を去っていくのです。

実に不思議ですね。

カッコウの托卵その1

カッコウの托卵その2

カッコウの托卵

これぞ鳥の托卵(たくらん)ツバメに子育てを任せたカッコウ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ