スポンサーリンク
スポンサーリンク

毒ヘビの毒は種類によって毒性が違う!咬まれた後の恐ろしい症状とは!?

爬虫類

毒ヘビの毒は種類によって毒性が違う!咬まれた後の恐ろしい症状とは!?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
スポンサーリンク

ヘビは世界中におよそ2700種類が生息している

毒蛇と呼ばれるものは、2700種類中、約700種類

ヘビのなかまは、世界中におよそ2700種類も生息しています。

その中でも世界でもっとも大きなヘビは『アミメニシキヘビ』や『アナコンダ』など、全長10mを超えるものがいます。

逆に世界でもっとも小さいヘビは『メクラヘビ』や『ヒメヘビ』などで、大きくなっても15㎝ほどにしかなりません。



ヘビの中には毒をもつヘビもいて、2700種類中、約700種類のヘビが毒をもっています。
ニシキヘビやアナコンダは、とても大きなヘビですが、毒はもっていません。

日本にも毒蛇は生息していて、マムシ、ハブ、ヤマガガシなどは広く知られています。


強い毒をもつヘビといえば東南アジアの『キングコブラ』がとても有名です。
大きいものになると5mを超すほどに成長する、世界最大の毒蛇です。

キングコブラ

キングコブラ

キングコブラの毒は神経毒です。
咬まれると、しだいにその神経毒が全身にまわり、まず心臓や肺を動かす神経が麻痺します。
神経が麻痺すると、次に心臓の機能と呼吸までもが停止してしまう恐ろしい毒です。


キングコブラと並んで、とても有名な毒蛇といえば『ガラガラヘビ』です。

ガラガラヘビ

ガラガラヘビ

ガラガラヘビの毒は、キングコブラの神経毒とは違い、咬まれた部分の皮膚や筋肉が溶かされてグシャグシャになってしまいます。

もし命が助かっても、その咬まれた部分はヤケドの跡のようにケロイド状になって残ってしまいます。
ひどい時は、肉が全て溶かされ、骨が飛び出てしまうことすらあります。

沖縄県や奄美大島などに生息するハブも、ガラガラヘビと同様の毒をもっています。



また、アメリカには毒液を相手に向けて水鉄砲のように正確に発射できる『アメリカクロクビコブラ』というヘビもいます。

アメリカクロクビコブラの毒液噴射

アメリカクロクビコブラ

この毒液は、皮膚に付いただけなら大丈夫ですが、もし目に入ったりしたら強烈な激痛に襲われ、最悪の場合は失明してしまうことさえあります。



万が一、これらの恐ろしい毒蛇に咬まれた場合は、どうしたらよいのでしょうか?

毒の種類は違っていても、とにかくどんな毒蛇に咬まれた場合でも、毒が体中に回らないようにキズ口の上側10㎝くらいの場所をロープなどできつく縛ります。
そしてその縛った部分からさらに10㎝上の部分もロープなどできつく縛り、2段階で毒が回るリスクを減らします。

そして咬んだヘビの特徴は、よく覚えておいてください。
ヘビは種類によって毒性が違うので、そのヘビの毒に対抗する血清を打つ必要があるからです。

世界最大の毒蛇 キングコブラ

【捕食】ガラガラヘビがネズミを丸飲み捕食映像(ヨコシマガラガラヘビ)

「ヘビの毒吐き」のスローモーション映像

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ