スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハクトウワシの目は5㎞先のウサギを見つけられる驚異の視力の持ち主!

鳥類

ハクトウワシの目は5㎞先のウサギを見つけられる驚異の視力の持ち主!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
スポンサーリンク

まるでカメラの望遠レンズや双眼鏡!ハクトウワシの驚異的な視力の仕組みとは!?

ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥として名高く、日ノンのオオワシやオジロワシに形態や習性がとても似ているワシです。

ワシタカ目ワシタカ科に属し、全長は85~95㎝、両翼を広げると2mを超えるほど大きなワシです。

ものもとは北アメリカ大陸のほぼ全域にかけて分布していたのですが、現在はアラスカとフロリダ半島を除くと、ごくわずかしか生息していません。
そのため、アメリカ合衆国政府が保護活動を行っています。

ハクトウワシは、優れた視力の持ち主です。
1000mの高度を滑空しながら、5000m先を歩いているウサギをも見つけることができるのです!

5000m先のウサギが見えるなんて、人間からしてみれば、まるで双眼鏡を使って獲物を探しているようなものですね。
実際に人間の目と比べたら、どのくらいの差があるのでしょうか?

人間の網膜の視細胞の数が約20万なのに対し、タカの場合は150万もあります。
つまりタカは人間と比べると、約8倍も優れた視力をもっていることになります。

さらに、タカには眼球の中に櫛状体(しつじょうたい)と呼ばれる組織があります。
櫛状体は、目に映った映像をくっきりと認識するための組織です。
その組織のおかげで、人間の目では、ぼんやりとしか見えない物体でも、タカにはハッキリと見ることができ、遠くのものでもよく見えるのです。

ハクトウワシ

また、ワシやタカの眼球は、フクロウ以外の他の鳥と比べてみると、特別に大きくなっています。
眼球が大きければ大きいほど、たくさんの光を取り込むことができます。
カメラのレンズも、明るいレンズは口径が大きく、より明るい写真を撮影することが可能です。
そのため、眼球が大きいという事は、他の鳥に比べるとワシやタカは、より明るく周囲が見えているということになります。

さらに眼球が大きいとレンズと像を結ぶ網膜の間に距離ができるので、カメラの望遠レンズと同じ理由で、遠くのものを拡大して見ることができるのです。

ワシが上昇気流に乗って、ほとんど羽ばたくこともなく、すべるように輪を描きながら飛翔する雄姿は、まさに鳥の王者の貫禄です。

でも、ワシが輪を描くように飛んでいるのには理由があります。
優れた目を最大限に活かして、地上のエサを探しながら滑空しているのです。

滑空しながら獲物を見つけると、翼を閉じて獲物めがけて一気に急降下してきます。
そして鋭いツメをガッチリと獲物に喰い込ませた瞬間、再び上空へと舞い上がっていきます。

獲物にしてみたら、何が起こったのかわからないほどの一瞬のできごとでしょう。

【美しすぎる狩り】ハクトウワシのサケ捕食シーンが美しすぎる

ハクトウワシの姿 やっぱりカッコいい

【惨い狩り映像】ハクトウワシが弱ったマガモを捕獲しボロキレのように切り裂き弄ぶ映像

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ