スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツバメの巣の内装には他の鳥の羽毛を使って作っていた!?

鳥類

ツバメの巣の内装には他の鳥の羽毛を使って作っていた!?
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
スポンサーリンク

巣の中のふわふわ感を出すのには他の鳥の羽毛を使う?

ツバメのなかまは、世界に80種以上確認されています。

日本に渡って来るのは、その中のツバメ、リュウキュウツバメ、コシアカツバメ、ショウドウツバメ、イワツバメの5種類です。

ツバメ

ツバメ

リュウキュウツバメ

リュウキュウツバメ

コシアカツバメ

コシアカツバメ

ショウドウツバメ

ショウドウツバメ

イワツバメ

イワツバメ

空を自由に飛ぶなかまの間で問題になるのが領域です。
テリトリーが定まっているのは、空中衝突を避けるための他に、空中捕食鳥のために、空中にいる昆虫の量や種類、そして気流などによる昆虫群の移動によって、ツバメたちのテリトリーも微妙に変化するのです。

さて、鳥たちの生命力を象徴するのが繁殖です。
繁殖に必要な巣作りは、日本列島の東海地方を例にとれば、3月の下旬から4月中旬にかけて飛来し、それから始まります。

造巣はオスも手伝いますが、ほとんどはメスが単独で1日~6日ほどで作ってしまいます。
また、自分が前の年に作った古巣を修理して使うこともあります。

ツバメの造巣は、泥と枯草で作りますが、内装は自分の羽毛は使わず、ハトやニワトリ、スズメ、オナガなどの比較的大きい鳥の羽毛を拾い集めて造巣しています。

巣ができあがると4月下旬から産卵に入り、抱卵は14日間くらいで、気温が高いと1日~2日くらい短縮され、また逆に気温が低いと1日~2日くらいヒナの誕生が遅くなります。

ヒナが誕生すると、オスとメスが平等にヒナの面倒を見ます。
もし、孵化後に、オスとメスのどちらかが不慮の死をとげた場合、片方の親が最後までヒナの給餌につとめ、寒い日や夜などは、ヒナを抱いてその義務を立派に果たします。
片親になっても子供が一人前になって飛び立てるようになるまで、養育の責任を担うのです。

ツバメのヒナは、他の鳥と違って巣立ちと同時に空中生活に入らなければなりません。
空中捕食ができる翼になるまでは巣の中で育てられるため、ヒナが巣立つまでの期間が他の鳥に比べると1週間くらい長いのです。


都会の真ん中で造巣するツバメや、田舎の山や海岸などの岸壁で集団営巣するイワツバメなどが日本に飛来しますが、このツバメたちの年間死亡率はとても高く、75%ものツバメが1年以内に何らかの理由で死んでしまいます。

渡りの生還率は、さらに低く、わずか2%しかありません。

ツバメが年に2~3回、繁殖をするのは、この厳しい生存条件の下で種族の保存を図っているためなのです。

巣から落ちたツバメのヒナ 巣立ちかも Bird Swallow

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ