スポンサーリンク
スポンサーリンク

巨大になりすぎたガラパゴスゾウガメの交尾は体位を変えてエッチをする?

爬虫類

巨大になりすぎたガラパゴスゾウガメの交尾は体位を変えてエッチをする?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
スポンサーリンク

島の名前の由来にもなった巨大なカメ

エクアドル領、ガラパゴス諸島には、世界でも貴重な動物が数多く生息しています。

1960年に、ユネスコから人類の資産を指定された島々であり、ダーウィンが進化論を生み出す貴重なヒントを得たところでもあります。

赤道直下の太平洋に点在する大小16の火山島と岩礁からなる、総面積約7800平方㎞ほどの島々です。

1535年、スペインのトマス・デ・ベルランが発見したといわれていて、ゾウガメがたくさん生息していたことから、この島々を『亀の島』スペイン語で『ガラパゴス』と名付けたと伝えられています。



まるで戦車のようながっちりとした甲羅から外に出ているものは、首と4本の足と、シッポだけです。
他の爬虫類などと比べると、カメはまったく違う構造になっているのです。

そんな体型をもつガラパゴスゾウガメの生殖行動はどのように行われるのでしょうか?

ガラパゴスゾウガメの交尾

ガラパゴスゾウガメの交尾

ガラパゴスゾウガメのオスの性器の位置は、シッポの根っこにある穴の中に収まっているのですが、発情してくると赤く充血して外部に突き出てきます。

その先端が三角の帽子のような形になっており、その先端から根元にかけて細い溝が付いていて、この溝を伝わって精液が流れるようになっています。


ガラパゴスゾウガメのメスは、オスと同じ位置に性器がついているのですが、こちらは穴が開いているだけで、オスの性器の先端に付いている三角帽子まで溝を伝って流れてきた精液を受け止めるだけなのです。


さて、体重200㎏を超す巨大なカメであるガラパゴスゾウガメですが、交尾のときは、やはり普通のカメのように、メスが下になり、オスがメスの後ろから背中に乗るようなかっこうで、メスのシッポに自分のシッポを付けるようにして行います。

ガラパゴスゾウガメの交尾

ところが中には、あまりにも大きくなりすぎて体重300㎏を超えるオスも存在します。

これほどまでに大きくなってしまうと体が重すぎて、オスが自分の体をメスの体に乗せられなくなってしまうものもいます。



そのような超巨大になってしまったガラパゴスゾウガメの場合は、通常どおりの交尾ができないので体位を変えて交尾を行います。

どのように行うのかというと、発情しているメスがシッポを上に持ち上げてオスにお尻を向けます。
発情したオスは、背中に乗りたいのですが自分の体が重すぎて乗せられないので、やむを得ず四つん這いのまま自分もシッポを上に持ち上げて、バックしてきてメスのシッポに自分のシッポを合わせるようにして交尾を行います。

つまり、お尻とお尻を合わせるような恰好で交尾をするのです。

エッチのときに体位を変えるのは、人間だけではなかったのですね(笑)

【エクアドル イサベラ島】ガラパゴスゾウガメの交尾

ガラパゴス ゾウガメの交尾 galapagos

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ