スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフリカ人がもっとも怖がる動物はライオンではなくサイだった!?

哺乳類

アフリカ人がもっとも怖がる動物はライオンではなくサイだった!?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
スポンサーリンク

アフリカ人は、ライオンよりもサイの方が怖い?意外だったその理由とは?

サイは、現在では生きている化石とも呼ばれていますが、実は5万4千年も前から多くの種族をもっていました。
ゾウやバクなどの動物も、元をただせばサイと同じ『奇蹄目(きていもく)』という種族にあたります。

巨大な奇蹄類であるサイは、沼地や沼地近くの草原に生息し、草を食べ、泥浴びをして体の寄生虫を落とし、子連れのメス以外は群れを作らずに単独で生活しています。

サイは人間に比べるとかなりの近眼で、さらに人間の半分くらいしか見えていない半盲目です。
そのため、何かあるとすぐに近くに走り寄って確認するクセがあります。

以前、ケニアで動物のガイドをしてくれたアフリカ人に、
「どんな動物が一番怖い?」
と聞いたことがあります。

私が想像していた答えは、ライオンやヒョウなどのネコ科の大型肉食動物か、ゾウだと思っていました。

ところが、そのガイドさんやドライバーさんは、
「サイが一番怖い。その次が繁殖期のゾウ」
と言っていました。

ほかのガイドさんやドライバーさん達に聞いても、多くのアフリカ人たちは、やはりサイかゾウが一番怖いと言っていました。

サイは、近くに走り寄って確認しに来ることがあるため、たとえサファリカーの中にいたとしても、突進してきて頑丈なツノで車が突き刺されることがあるのだそうです。

ケニアには列車が走っているのですが、向こうから走って来る列車をサイが敵だと勘違いして突進していき、大惨事になった例がいくつもあるのです。

繁殖期のゾウは気性が荒くなり、サファリカーをも威嚇するようになるようです。

それに比べると、ライオンやヒョウなどはサファリカーの中にいれば、襲ってくることはないので、怖くないのだそうです。

突進してくるサイ

突進してくるサイ

サイの恋愛は命がけ!?

メスに気に入られなかったオスは、車も突き刺す頑丈なツノで襲われる!?

サイは繁殖期になると、交尾する相手を探し始めます。
サイの体重は3トンもあるのですが、オスとメスが求愛するときは、その3トンもの体で軽やかにステップをふみます。
そしてお互いの匂いを嗅ぎ合いながら、オスはメスの周りを回り始めます。
一区切りついて、今度はメスがオスの周りを回り始めると、求愛成立でメスはオスを受け入れます。

ところがもしメスが、そのオスを受け入れなかった場合、そのオスに向かって頭を下げて突進していくのです!

オスにしてみたら、車や列車を突き刺すほどの頑丈なツノが迫りくるわけですから、たまったものではありません。

サイのオスにとっては、恋愛も命がけなのです。

ド迫力・野生の対決 重戦車「サイ」VS凶悪「バッファロー」

サイ vs シリーズ サイの強さが身に染みる動画まとめ 【驚愕】【暴走】

カバとサイの攻防戦

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ