スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウシはなぜ口をいつもクチャクチャさせているのか?

哺乳類

ウシはなぜ口をいつもクチャクチャさせているのか?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク

草食動物は、ゆっくり食事もできない?

あなたは「胃がもう一つあれば、もっと美味しいごちそうを食べられるのに・・・」って思ったことはありませんか?

ところが動物の中には、胃を3つも4つももっているものがいるのです。

その動物は、シカ、キリン、ラクダ、マメジカ、プロングホーン、ヤギなど、草を食べる草食動物たちです。
その代表的な動物が、胃を4つももっている『ウシ』なのです。

なぜこのような草食動物は多くの胃をもっているのでしょうか?
それは、これらの草食動物が『反すう』をするのに都合がいいからです。
『反すう』とは、一度、胃の中に入れた食べ物を、胃から口の中に戻して、再度、咬みなおすことです。

牧場や動物園などで、ウシやラクダなどの動物がエサを食べている様子でもないのに、口をクチャクチャさせているのを見たことはありませんか?
それが『反すう』です。

草食動物たちは、いつも肉食動物に狙われています。
それはたとえ、食事中であってもです。

肉食動物に襲われたら、たとえエサを食べている途中でも、逃げなければ自分が肉食動物のエサになってしまいます。
そのため、草食度物たちの食事は、できるだけ短時間に、できるだけ多くの草を胃の中に入れておきたいのです。

短時間にできるだけ多くの草を食べた後は、見晴らしの良い安全な場所に移動してから、胃から一旦、口の中に草を戻してから、再度咬み始めるのです。

胃の中には消化を助けるたくさんのバクテリアがいます。
第一の胃、第二の胃と口とを往復した食べ物は、第三の胃から胃液をたくさん出す第四の胃へと移り、消化吸収されやすい状態になって腸に送られていくのです。

胃液が出るのは第四の胃なので、人間のように一旦食べたものを戻してしまっても、胃液の苦い味はしないのです。

このように『反すう』する動物の排泄物は実によく消化されています。

反対に、反すうしない草食動物もいます。
ウマ、カバ、ゾウなどの草食動物は反すうをしません。

これらの動物の排泄物は固形で、とても形がいいので、一見するとよく消化されているように見えますが、よく見ると未消化の植物の繊維がたくさんまじったままの排泄物が多いです。

牛の反芻

山羊の反すう

キリンの反芻

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ