スポンサーリンク
スポンサーリンク

花の蜜を吸うフクロミツスイの赤ちゃんの大きさにビックリ!

哺乳類

花の蜜を吸うフクロミツスイの赤ちゃんの大きさにビックリ!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
スポンサーリンク

フクロミツスイは哺乳類なのに花の蜜を吸っている!?

花の蜜を主食にしている生き物といえば、チョウなどの昆虫が頭に浮かびます。

また、超小型の鳥であるハチドリやミツスイといった鳥も花の蜜を主食にしています。

ハチドリ

ハチドリ

コキミミミツスイ

コキミミミツスイ

ヒガシオナガミツスイ

ヒガシオナガミツスイ

ですが、哺乳類でも花の蜜や花粉を主食にしているものがいます。
それが『フクロミツスイ』です。

鳥の「ミツスイ」と同じ名前が付いていますが、『フクロミツスイ』はカンガルーやコアラなどと同じ【有袋類】のなかまの哺乳類で、オーストラリアの南西部の「ヒース」とよばれる花が群生しているヒース地帯に棲んでいます。

体長は7㎝~9㎝で、オスよりもメスの方が3分の1くらい大きくて体重も重いです。

カンガルーなどの有袋類のなかま フクロミツスイ

フクロミツスイ

このフクロミツスイのメスのおなかには、子供を育てる育児嚢があって、この袋の中には生まれた赤ちゃんがそこから乳を飲む乳頭が4個付いています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、この乳頭に吸い付いて育っていくのです。

フクロミツスイの母親は、1度に2~4匹の子供を産みます。
有袋類の赤ちゃんはとても小さいのですが、フクロミツスイの赤ちゃんは特に小さいです。
生まれたばかりの赤ちゃんの体重は、なんとわずか0.005gしかありません。
虫メガネで拡大してようやく見えるくらいの大きさです。

フクロミツスイは夜行性で、日中は茂みの中や空洞になった木の中などで眠っています。
そして日暮れになることに活動し始めます。

とがった鼻づらの、さらにその先にあるブラシ状の口の中には、花蜜を求めて花の奥深くまで探ることができる特殊な舌があります。
その舌で、花から花へと採食していくのです。

前後の指先には、花の咲く細い枝から枝へと動くのに必要な、ザラザラした肉球が付いています。
この肉球が付いていることで枝が握りやすく、かつ、すべりにくくなっているのです。

物に巻き付けることができる手のような役割をするシッポで体の安定を確保しながら、この肉球の付いた足でどんな枝へでも渡り歩いて花蜜を搾取する、とても身軽な動物なのです。

フクロミツスイのごちそうは、オーストラリア南西部に咲くバンクシアの花です。

バンクシアの花

バンクシアの花

こういった限られた食物を採食するので、寒い気候になって食べ物が不足してくると休眠してしまうというのも、フクロミツスイの特徴です。

とても小さな有袋類 フクロミツスイ

赤ちゃんの大きさは、わずか0.005g! 虫メガネがないと見えないほど小さい

フクロミツスイ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ