スポンサーリンク
スポンサーリンク

鳥の卵の大きさは、孵化するまでの日数と比例しない?

鳥類

鳥の卵の大きさは、孵化するまでの日数と比例しない?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
スポンサーリンク

世界最大の鳥の卵はダチョウの卵

世界で最大の鳥の卵はダチョウの卵です。
その大きさは、なんとニワトリの卵の28倍もあるのです!

ダチョウの卵とニワトリの卵の大きさ比較

ダチョウの卵とニワトリの卵の大きさ比較

すでに絶滅してしまいましたが、エピオルニスという鳥は、そのダチョウの7倍もありました。

エピオルニス

エピオルニス

エピオルニスの卵の大きさ比較

エピオルニスの卵の大きさ比較

世界最小の卵はコビトハチドリの卵

逆に世界最小の卵はコビトハチドリの卵。
その直径はわずか5㎜。
グリンピースよりも小さいんです!

コビトハチドリ

コビトハチドリ

世界最小の鳥の卵 コビトハチドリの卵

世界最小の鳥の卵 コビトハチドリの卵

鳥の大きさが大きい方が孵化に日数がかかる?

卵の大きさが孵化するまでの日数に比例していないのはなぜ?

ところで、鳥は、種類によって卵から孵る日数が違います。

スズメ:12日間
ウズラ:17日間
ニワトリ:21日間
ダチョウ:43日間
アホウドリ:65日間
ワタリアホウドリ:80日間


親鳥の大きさは、

スズメ:15㎝
ウズラ:20㎝
ニワトリ:50㎝(メス)~70㎝(オス)
ダチョウ:2m
アホウドリ:2.2m
ワタリアホウドリ:3.5m

こうしてみると、鳥の大きさが大きい方が孵化に日数がかかるように見えます。
ところが、最初に紹介しましたが、世界最大の鳥の卵はダチョウの卵なのです。

アホウドリの卵はダチョウよりも小さくて10~11㎝程度です。

確かに親鳥の大きさが孵化までの日数に比例しているとはいえ、卵の大きさは比例していません。

ダチョウの卵よりもアホウドリの卵の方が小さいのに、孵化までの日数はアホウドリの方が多くかかるのです。



一般に海鳥の方が陸地に棲む鳥よりも孵化日数がかかります。


陸地に棲む鳥の方が、海鳥よりもより多くの外敵から狙われています。
卵の時期は、外敵から襲われても逃げ出すことはできません。
そのため、孵化日数が短い方が生き残る確率は上がります。

海鳥も外敵がいないわけではありませんが、いざ空を飛ぶときは海の上を飛ばなければなりません。
陸地に棲む鳥とは比較にならないほどの長距離を飛ぶ必要があるのです。

そのため、より長く卵の中にいることで、陸上の鳥よりも比較的しっかりとした羽をもた状態で孵化することができます。

こうして鳥は周囲の環境に合わせて進化を続けてきたのですね。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ