スポンサーリンク
スポンサーリンク

カイツブリは、おんぶをして子育てをする鳥!?

鳥類

カイツブリは、おんぶをして子育てをする鳥!?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
スポンサーリンク

カイツブリは潜水上手だけど、歩き下手?

『カイツブリ』は、水中にもぐるときは、足を使って潜る鳥です。
それに対し、ペンギンなどは、まるで水中を飛んでいるかのように翼を羽ばたかせて潜っています。
足を使って潜る鳥のことを『脚潜水性(きゃくせんすいせい)』といいます。

カイツブリの種類は世界中のあらゆるところに生息していて、大・中・小の5属20種のなかまに及んでいます。

日本には1年中棲んでいて、都市の堀や池、または淡水湖や沼など、どこへ行っても見ることができます。

水草の間から、もす『キリキリキリ・・・』といった甲高い鳴き声が聞こえたら、ジッと水面を見ていてください。
水面から小さな水鳥が顔を出すかも知れません。

カイツブリは水面で尾部の羽根をふくらませて水に浮き、辺りを見渡して水の中に潜ります。
そしてしばらくすると、かなり離れたところから浮上してきたりします。
カイツブリには『潜り』という俗名があるほど、潜水が得意な鳥なのです。

潜水は得意なのですが、その分、地面の上を歩こうとしてもうまく歩けず、ほとんど歩かないうちにすぐに水に入ってしまいます。

エサは、小魚、小エビ、水生昆虫などを潜水採食します。


6月になると水生植物のまばらな所に水草の葉や茎を積み、からませて浮き巣を作り、水位が上下してもこの巣はいつも水面にあるように水草の茎にしっかりと結ばれています。
この浮き巣に数個の卵を産んで、オスとメスが交代で抱卵します。


よく、カイツブリの卵は茶色だという人がいますが、実は真っ白な卵なのです。
巣材が水草なので、その水草のアクが出て卵を茶褐色に染めてしまうのです。

カイツブリの浮き巣

茶色い卵と白い卵が見えている

カイツブリの浮き巣

抱卵中のオスとメスが、そろって巣を離れるときは、必ず卵の上を水草でおおっていきますが、この習性はカラスなどの天敵に卵を取られないように工夫をしているためですが、実はそれだけではありません。
卵を直射日光から守る役割もしているのです。


やがてヒナが卵から孵ると、ヒナは親鳥について泳ぎだします。
でも、まだヒナが小さいうちは、水に長い間入っていると寒がったり、泳いでいるうちに疲れてしまったりします。
そんなときカイツブリの親は、自分の背中の羽毛の中にヒナを乗せて泳ぐのです。

なんともほほえましい光景ですね。

カイツブリ : Little Grebe - 01 : 鳴き声 [HD]

カイツブリ雛6羽 @井の頭公園池  2016年 5月 31日

カイツブリ親子のおんぶ Little grebe

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ