スポンサーリンク
スポンサーリンク

アブラヨタカが暗闇でも飛べるのはコウモリと同じしくみ!?

鳥類

アブラヨタカが暗闇でも飛べるのはコウモリと同じしくみ!?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
スポンサーリンク

アブラヨタカの驚異のソナーシステムとは!?

一般的に鳥は『鳥目』といわれるほど、夜は目が見えなくなります。
一方で、フクロウやミミズクなど夜でもよく見える目を持つ鳥もいます。
フクロウは夜中でも、ほんのわずかな光を察知できるほどの驚異的な視覚をもっています。

ですが『アブラヨタカ』の生息場所は、光が全く差し込まない真っ暗な洞穴の岩棚です。
わずかな光さえも無い状況で、どうやって岩にぶつからずに飛ぶことができるのでしょうか?
それは、アブラヨタカが視覚ではなく、聴覚が驚異的に発達しているからなのです。

コウモリは暗闇を飛ぶときに、「キチッ、キチッ」という鳴き声を出して飛びます。
この声と同時に出す超音波が、目の前の障害物に当たって跳ね返ってくる音をキャッチして、そこに何があるのかを察知して上手に飛んでいるのです。

アブラヨタカも、このコウモリと同じように暗黒の繁殖洞穴の中を、頻繁に高音の鳴き声を出して飛びます。
洞穴の壁に鳴き声が反射し、それをキャッチすることによって飛んでいるのです。

アブラヨタカは、「コッコッ」とか「ギャアギャア」とか、さまざまな声をもっていますが、洞穴の中では別の声を進路探知に使っているようです。


このアブラヨタカは果実しか食べません。
昼間は光を避けてまったく光の無い真っ暗な洞穴の岩棚に集団で潜んでいて、夜になると森に出かけて、驚異のソナーシステムを上手に使って飛び回り、果実を食べるのです。
芳香を放つヤシ科の果実を匂いでかぎわけて、鉤のようなくちばしで実をむしり取り、丸呑みします。

一般的に鳥は、嗅覚はあまり発達していないのですが、アブラヨタカの場合は嗅覚も発達しているようです。


なお、南アメリカの現地の人たちは、栄養価のある食べ物として、太ったこのアブラヨタカを捕らえて煮て食べたり、ランプに使う油をこの鳥から採ったりもしているようです。

ヨタカの声

世にも奇妙な野鳥「ヨタカ」 Extremely strange bird「Jungle Nightjar」

ヨタカ 面白い仕草、あくびなど

ヨタカのダンス

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ