スポンサーリンク
スポンサーリンク

哺乳類なのに長時間潜水していられるマッコウクジラの秘密とは!?

哺乳類

哺乳類なのに長時間潜水していられるマッコウクジラの秘密とは!?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
スポンサーリンク

クジラはどうして肺呼吸なのに長時間潜水していられるのか?

クジラは、クジラ目に属する水生の哺乳類で、体長5m以上の大型のものを『クジラ』と呼び、それ以下の小さいものは『イルカ』と分類されています。

つまり、『クジラ』と『イルカ』の違いは体型ではなく、大きさで区別されているのです。

クジラとイルカの違い

クジラやイルカの中で、海中で最も深く潜水ができて長時間潜っていられるのは『マッコウクジラ』です。

現在までで知られている、その驚異的な潜水記録は水深2200mです。

水深2200mの海底電線にからまって死んでいるのを引き上げられたときの水深なので、実際はさらに深くまで潜ることができるといわれています。

それほどまでに深くまで潜ることができるマッコウクジラですが、その呼吸方法は私たち人間と同じ肺呼吸です。

肺呼吸の哺乳類の場合、水中では呼吸ができないため、水中では息を止めている必要があります。

私たち人間の場合、訓練を積んだ人ですら息を止めていられるのは5分程度、通常の人では1分程度が限界でしょう。
ところがマッコウクジラの場合は、水中では40分~1時間もの間、呼吸をせずに行動をすることができるのです。

なぜ、こんなに長時間、呼吸をしなくても水中で動き回ることができるのでしょうか?

マッコウクジラの肉は、他の動物と比べると、とても赤身が強い肉です。

マッコウクジラの肉の色

マッコウクジラの肉

これは『ミオグロビン』と呼ばれる物質が多いためです。
ミオグロビンは体内に酸素を蓄積する役目をしています。

マッコウクジラは海面に汐を噴き上げて大きく呼吸をしたとき、肺に新しい空気をたくさん吸い込み、酸素の補給を行います。

取り込まれた酸素が、肉に含まれるミオグロビンと結びつくことによって、体内にたくさん酸素が詰め込また状態となります。

マッコウクジラが潜水を開始した直後は、最初は私たち人間と同様に血液内のヘモグロビンに含まれる酸素を使います。

ヘモグロビンの酸素が消費されると、次にミオグロビンの酸素を使うという二段階の酸素消費の方法を行っています。

そのため、マッコウクジラは40分~1時間もの間、肺で呼吸をしなくても酸素は体内の細胞に供給され続けているのです。

マッコウクジラ

マッコウクジラが排泄物を撒き散らす瞬間 撮影成功

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ