スポンサーリンク
スポンサーリンク

オサガメの甲羅はなぜ無くなったのか?

爬虫類

オサガメの甲羅はなぜ無くなったのか?
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
スポンサーリンク

カメ属は、なんと世界中で200種類以上もいた!

ウミガメ、リクガメ、イリエガメなど、甲羅を背負った爬虫類たちは、さまざまな名前で呼ばれています。
先ほどの3種に分ける場合は、ガラパゴス諸島などに棲むゾウのような大きな足をもち、世界一の体重を誇るゾウガメもリクガメのなかまと考えます。

イリエガメは、淡水に棲むいくつかの種類を指す名で、このカメの肉は食用にされたりして、あわれな末路をたどります。

それ以外はウミガメです。

カメ族の多くは水の中で暮らしていますが、水中と陸上の二重生活をしているものもいます。
たとえば、ウミガメは産卵時、海から陸に上がりますが、普段は暖かい熱帯の海で生活しています。

一方、水の中にほとんど足を入れない、厚い甲羅をもったカメもたくさんいます。
砂漠で暮らすカメは、日中の焼けるような強烈な陽が照っている間は、岩の中に隠れたり、土の中に潜って気温が下がるのを待っています。

このような気象状況の中で暮らしているカメも水があれば多量に飲みますが、水が無くなっても、くちばし状になった口で固いサボテンを咬み砕いて水分を補給しています。


さて、200種類以上にもなるカメ族の中には、甲羅を持たないカメもいるのです。
カメの甲羅は骨質の小板でできていて体内の骨とつながっています。
そのためにカメは、足と首と尾しか動かすことができないのです。

そこで、問題の甲羅の無いカメですが、大型のウミガメの一種で『オサガメ』というカメです。
オサガメは甲羅の代わりに硬くて魚のウロコのようなものが一面におおわれています。

オサガメのような水生カメは、何世代も経て厚い甲羅を薄くしてきたのです。
陸上の生活に比べて、水中での生活に厚い甲羅はまったく不必要です。

水中での生活では、厚い甲羅と重い体重をもっていたのでは、とても活動しにくいものです。
そのため、甲羅の薄いカメたちは、オサガメのように行動しやすい体に自らを変えてきた近代的なカメたちであるといえるでしょう。

オサガメ

【絶滅の危機】現存する地球上で最大のカメ~オサガメ~【閲覧注意】巨大生物・未確認生物(UMA)・古代生物・謎の生物紹介チャンネル

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
スポンサーリンク

ペット(犬) ブログランキングへ